起動障害

iPhoneリンゴループから脱出しよう。

  • LINEで送る

皆様こんにちは。

厚木のiPhone/iPad修理専門店

iworks本厚木です。

 

 

iPhoneをお使いの皆様は経験ある方もいらっしゃるとおもいますが、

いつも通り使ってスリープさせてポケットに入れて、また使おうとしたら

いきなり電源が落ちていて付かなくなった。なんて事はありませんか?

iPhoneやスマホは精密機器なのでそーゆー原因不明の誤動作をする事があります。

今日はそんな中でもよく聞く「リンゴループ」について書いていきたいと思います。

 


目次


 

 

そもそもリンゴループとは?

iPhoneを立ち上げる時に最初にリンゴマークが出ます、

そこから先に進まずに落ちてしまい、またリンゴマークが出るループになる事です。


 

 

リンゴループの原因は?

基盤(マザーボード)の劣化(老朽化)や誤作動よる故障。

ソフトウェアによるもの。

と言うのを前提に、様々な要因があると思われます。

 

よくリンゴループになってしまったお客様や友人知人に聞くと

一番多いのが「iOSアップデート時のトラブル」

・電源が切れてしまったor切ってしまった。

・寝る前に充電器を差して寝て起きたら充電器が抜けていた。

・wifiが途中で切れた。

等々アップデート時の事故によるものが多いです。

 

他に聞くor見た事あるのが

・水没が原因で

・落とした際の衝撃で

・充電中に

・iPhoneケースやその他が原因での湾曲で

・何もしていないのに

などがあります。

 

問題は最後の「何もしていないのに」です。

つまり原因不明なので、誰しもがリンゴループの可能性があると言う事です。


 

 

解決方法は?

リンゴループも軽度ど重度があるのか、僕の友人知人の中では

「iTunesに接続したら直った」人も居れば、

「充電切れて一日放置したら直った」と言う人も居ます。

 

一般的にネット等で見る民間療法的なものでは

・強制再起動をする。

・セーフモードをする。

・simカードを抜いて再起動

 

これで直らない人は

・リカバリーモードでiTunesに接続して「更新」をする。

・復旧ソフトを購入する。

 

などがあります。

ここで注意してほしいのが、

・リカバリーモードで「復元」はしない。初期化されます。

・復旧ソフトを使っても直らない事も十分あります。

何種類か使ってみたが五分五分です。素人さんが買うにはリスクが高いかも。

 

一番良いのはiPhone修理屋さんに持ってく事ですね。(是非iworks本厚木へ笑)


 

 

 

 

対策はないの?

アップデート時に安全なwifiスポットで充電器が外れないよう安全な場所に置く。とか

落として衝撃を与えないや水没させないなどがあるが、

上記の通り「何もしていないのに」があるので、

アップデート時に気を付けて、安全に使い、あとは自分の運を信じましょう(笑)


 

 

 

まとめ

リンゴループはアップデート時の事故によるものが多いので、

アップデートに気を付けて、もしなってしまった場合はここに書いた解決方法を試してみて下さい。

それでもだめならiPhone修理店に持って行きましょう。

修理店にもって行っても復活しない事は全然あるので、こまめにバックアップを取る事をお勧めします。


 

※強制再起動の仕方

6sまでは「電源+ホームボタンを同時に10秒以上押す」。リンゴマークが付くまで。

7は「電源+音量のマイナスを同時に10秒以上押す」。リンゴマークが付くまで。

 

※セーフモードの仕方

電源を切った状態で「音量のプラスボタン+電源」を押す。

リンゴマークが出たら電源を外して「音量のプラスボタン」だけにする。

 

※リカバリーモードの仕方

6sまでは「電源+ホームボタンを同時に10秒以上押す」。

リンゴマークが出たら電源を外して「ホームボタン」だけにする。

7は「電源+音量のマイナスを同時に10秒以上押す」。

リンゴマークが出たら電源を外して「音量のマイナス」だけにする。

  • LINEで送る

コメントを残す

*