iPhone修理

iPhoneのゴーストタッチについて、データを守る対処方

  • LINEで送る

iPhone&iPad修理専門店iworks本厚木店です。

皆様こんにちは。

 

 

今回は「ゴーストタッチ」について書こうと思います。

落とした衝撃でタッチが効かなくなったり、画面が一見付いてない時は本当に危険なので、

是非この記事を読んで大切なデータを守って下さい。

 

 

先日iPhone6sの液晶交換を行いました。

症状は「ゴーストタッチ」です。

なんでも前に違う所で液晶交換したらしいのですが、使ってる内に段々ゴーストタッチの症状が現れてきて、とうとうほとんど操作が出来なくなってしまったそうです。

画面に小さなキズも付いてるから保証は使えないと言われたらしく、ウチに来てくれたそうです。

幸い基盤にダメージは入っていなかったので液晶画面の交換修理をして無事復活しました。

 

 

ゴーストタッチとは?

 

さて、ゴーストタッチと言われても分からない人も居ると思いますので説明させていただきます。

いわゆる「触ってないのに勝手に画面をタッチしてしまう」事です。

文字を勝手に打ってしまったり

勝手にアプリを開いてしまったり

勝手に誰かに電話かけちゃったり

と、結構厄介です。

 

中でも酷いのが、「落としたり衝撃で液晶が真っ暗で映らなくなってしまった」ときですね。

この時に

  1. ゴーストタッチがおきている
  2. パスコードロックをかけている
  3. 10回失敗するとデータを消す設定にしている

この3つの条件が揃っていると液晶交換をして画面が映っても「データは戻らない」と言う

最悪の結果になってしまう事があります。

 

予防策としましては、

・そもそも10回失敗するとデータを消す設定を解除しておく

・落としたり衝撃で液晶画面が真っ暗で映らなくなったらすぐに電源を切る

この2つを守っておけば「液晶交換をして映ったのにデータが戻らない」なんて事にはなりませんよ。

 

しかし注意点があります。

【画面映ってないのに電源切れるの?】

と言う所なのですが、衝撃で画面が暗くなっていても「タッチは効く」とゆう場合が多々あるので、

スリープボタン(電源ボタン)を長押しして「スライドで電源オフ」の辺りをスライドする。

画面上部に出るので、心配な人は確認しておきましょう。

ゴーストタッチの状態になってなくても「タッチは効く」と言う事を忘れず。

電源を切る動作をしたら、あとはなるべく画面部分を触らないようにして、速やかにiphone修理店にもっていって下さい。

 

最後に、このゴーストタッチですが基盤へのダメージでなる場合もあるので、液晶交換をしても直らない事もあると言う事は覚えておいて下さいね。

 

おそらく初めから「10回失敗するとデータを消す」と言う設定になっていると思うので、心配な人は解除しておく事をお勧めします。自分は解除してあります。

 


※データを消去の解除の仕方

「設定」→「Touch IDとパスコード」→一番下の「データを消去」

データを消去の解除の仕方1 データを消去の解除の仕方2 データを消去の解除の仕方3


 

iPhoneになにかあったら遠慮なくご相談してくださいね!

  • LINEで送る